本文へ移動

7連敗オリックス「泣きっ面に蜂」吉田正ら3選手と球団スタッフ1人が新型コロナ陽性

2022年5月9日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・吉田正尚

オリックス・吉田正尚

 オリックスは9日、吉田正尚外野手(28)、安達了一内野手(34)、大下誠一郎内野手(24)の3選手と球団スタッフ1人が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。8日に実施したPCR検査で判明した。安達とスタッフは発熱の症状がある。無症状の吉田正と大下は同日、特例2022対象選手として出場選手登録を抹消された。4人は現在、隔離療養している。
 7連敗を喫して借金6のオリックスには「泣きっ面に蜂」と言えるような事態となった。2年連続の首位打者で、今季は打率リーグ3位の3割2分5厘の吉田正が離脱。昨季の本塁打王、杉本がまだコロナ陽性から復帰していない現状もあり、7連敗中は計12得点、1試合平均1・7点と攻撃力の低さに苦しむ。その上、頼れる主砲を欠いては巻き返しに手まどいそうだ。
 球団は「ファンの皆さま、関係者の皆さまに多大なご心配をお掛けしておりますことをお詫び申し上げます」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ