本文へ移動

【F1】角田裕毅は苦戦の12位 序盤からペース上がらず…フェルスタッペンが今季3勝目

2022年5月9日 06時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファタウリの角田裕毅(AP)

アルファタウリの角田裕毅(AP)

  • アルファタウリの角田裕毅(AP)
  • アルファタウリの角田裕毅(ⓒRedBull  Content Pool)
◇8日 F1第5戦マイアミGP(米マイアミインターナショナルオートドローム)
 F1第5戦マイアミGPは8日、決勝が行われ、アルファタウリの角田裕毅(21)は12位だった。9番グリッドの好位置からスタートしたものの、序盤からペースが上がらず早めにタイヤ交換に動いた作戦も裏目に出た。13番手でゴールしたが、マクラーレンのダニエル・リカルドらがコース外走行でペナルティーを受けて繰り上がった。
 レッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が連勝で今季3勝目を挙げた。グリッド1列目はフェラーリに独占されたが、3番グリッドからスタートし、序盤にトップに立ってレースの主導権を握った。
 2位にフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)、3位にチームメートのカルロス・サインツ(スペイン)が入った。
 マイアミGPは初開催で、NFLのマイアミ・ドルフィンズのホームスタジアムの駐車場エリアなどに特設されたサーキットで実施された。今季は米国ではアメリカGP(テキサス州オースティン)とマイアミGPの2レースが組まれている。
◆F1第5戦マイアミGP決勝結果
1・マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
3・カルロス・サインツ(フェラーリ)
4・セルジオ・ペレス(レッドブル)
5・ジョージ・ラッセル(メルセデス)
6・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
7・バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
8・エステバン・オコン(アルピーヌ)
9・アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)
10・ランス・ストロール(アストンマーティン)
11・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
12・角田裕毅(アルファタウリ)
13・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
14・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
15・ミック・シューマッハー(ハース)
16・ケビン・マグヌッセン(ハース)*
17・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)*
リタイア・ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
リタイア・ランド・ノリス(マクラーレン)
リタイア・周冠宇(アルファロメオ)
*DNF(フィニッシュせず)
(写真はAPなど)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ