本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河レギュラーシーズン最終戦 前半リードしながら後半突き放され敗戦、CS出場逃す

2022年5月8日 22時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合中盤連続して3Pを決めたジェロード・ユトフ

試合中盤連続して3Pを決めたジェロード・ユトフ

  • 試合中盤連続して3Pを決めたジェロード・ユトフ
  • 一時逆転となる3Pを決めた柏木真介
◇8日(日) Bリーグ1部36節 三河 76–91 川崎(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム36節
川崎ブレイブサンダース戦
2021-22シーズン レギュラーシーズン最終戦は、前日の課題であったディフェンスとリバウンドで全員がハードワークし、前半をリードして折り返す。後半突き放されて、76–91で敗戦。CS出場を逃したが、今季最多となる2677人の観客からは、最後まで全力で戦い続けた選手へ温かい拍手が送られた。
◆1Q 三河 14–24 川崎
シュートタッチに苦しみ、二桁ビハインド
スターティング5は、#3柏木、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
川崎#22ファジーカスに先手を取られるが、#32シェーファーがリバウンドを弾いてつなぎ、セカンドチャンスで#9ローレンス Ⅱが3Pシュートを沈める。
#19西田を中心にチームオフェンスを展開するが、シュートタッチが悪く重い出だしとなり、川崎#0藤井の連続3Pシュートで追いかける展開となる。
#9ローレンス Ⅱのカットイン、リバウンド、フリースローの連続得点で追随するが、川崎#0藤井を起点に#35ヒース、#27熊谷らにテンポ良く得点を重ねられ、残り2分半に9-20と引き離される。
#9ローレンス Ⅱ、#32シェーファーが果敢なアタックでチームを鼓舞するが、ターンオーバーから川崎に走られ、14-24で1Qを終える。

◆2Q 三河 35–34 川崎(三河 21–10 川崎)
激しいディフェンスで10失点に抑え、逆転に成功
スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#18角野、#32シェーファー。
#18角野がアグレッシブにインサイドに切り込み、フリースローで先制。2本目のフリースローは外れるが、自らリバウンドを取って3Pシュートを射抜く。会場も熱い青援クラップで選手の背中を押す。
足を使った粘り強いディフェンスで川崎の得点を約4分間止めると、#7長野が#32シェーファーのカットイン、#14ユトフの3Pシュートを立て続けにアシストして、23-24と1点差に迫る。その後も激しいディフェンスの応酬が続き、23-26でオフィシャルタイムアウトを迎える。
川崎#0藤井のボーナススローでリードを広げられるが、#14ユトフのミドルシュート、スティールからのファストブレイクで#54ガードナーがフリースローを獲得。#19西田がスティールからプッシュし#3柏木の逆転の3Pシュートをお膳立てする。
残り1分から#14ユトフが2連続で3Pシュートを射抜いて35-31とリードするが、川崎#0藤井が3Pシュートを入れ返され、1点リードで試合を折り返す。

◆3Q 三河 55–62 川崎(三河 20–28 川崎)
追い上げては突き放され、7点差で最終Qへ
スタートは、#3柏木、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
川崎は#22ファジーカスの連続得点、#0藤井のファストブレイクで突き放しにかかるが、#54ガードナーのフリースロー、#18角野の3Pシュートで40-40と追いつく。しかし川崎#22ファジーカス、#0藤井の得点で引き離されてリードを奪うことができない。
#9ローレンス Ⅱと#54ガードナーのコンビプレーから3連続で得点。#7長野のリバウンドから#9ローレンス Ⅱのファストブレイクで加点し、残り2分に4点差まで追い上げる。
川崎#0藤井、#23ジャニングに連続でアウトサイドシュートを決められて52-62と再びリードを二桁に広げられるが、#14ユトフの3Pシュートのブザービーターで7点差に追い上げて最終Qを迎える。

◆4Q 三河 76–91 川崎(三河 20–29 川崎)
最後まで全力を尽くすも、CS進出叶わず
スタートは、#7長野、#14ユトフ、#18角野、#19西田、#54ガードナー。
#14ユトフのリバウンド、#54ガードナーのアタックで好スタートを切るが、川崎#22ファジーカスの連続得点などにそれ以上のペースで得点され、点差を縮めることができない。
アウトサイドシュートの当たりがこない我慢の時間が続き、川崎#0藤井のスティールから#34アギラールに決められ11点のビハインドを背負う。
それでも#7長野の連続3Pシュートで反撃するが、すぐに川崎#0藤井に決め返され、二桁ビハインドのまま終盤に突入する。
劣勢を強いられる中、最後まで必死にスティールを狙うハードなディフェンスを続け、#18角野、#19西田が果敢にリングアタックしたが、点差を詰められず、76–91で敗戦。秋田が勝利したため、CS出場を逃した。
■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「選手たちは昨日ダメだったところを修正して、しっかり遂行してくれて競ったゲームになりました。ただ、勝負どころで藤井選手の個人技にやられ過ぎてしまいました。ディフェンスもしっかりついているんですけど、フェイダウェイのシュートはどうしようもならない状態でした。そういうところは力の差ですし、負けは負けだと思います。一年を通して、ベテランのスター選手、金丸選手や川村選手が抜けて今年はダメだろうと予想されていたチームが、若い選手が本当に一所懸命頑張って成長してくれて、チャンピオンシップ争いができる昨年と同じくらいのレベルまで来てくれたので、次に繋がるなと思います。また違う意味で、怪我・人数が足りないだとか、コロナなど今までにない苦しいシーズンでした。ファンの皆さんが、アウェーにも応援に来てくれて、声をかけて励ましてくれて、その言葉が私にとっては一年間モチベーションになりました。メディアの方にも「選手が大幅に代わったのに、若い選手が伸びているね」とたくさん声かけいただいて、もっともっと彼らが育つ環境を作らなければと考えていました。ファンの皆さん、メディアの皆さん、チーム・スタッフ全員に感謝する一年でした。川崎さんはバスケットのスタイル・選手層ともに、特に外国籍選手を含めたビッグラインナップなど、日本の中で一番強いと私は思っているので、(CS)優勝候補の筆頭だと思います。ぜひ頑張っていただきたいです。」
(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ