本文へ移動

【FC東京】今季リーグ戦初先発の中村帆高&岡崎慎が持ち味発揮も敗戦に笑顔なし

2022年5月8日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京―鳥栖 前半、攻め上がるFC東京・中村(左)

FC東京―鳥栖 前半、攻め上がるFC東京・中村(左)

◇8日 サッカー J1第12節 FC東京0―1鳥栖(味の素スタジアム)
 今季リーグ戦初先発の2選手が持ち味を発揮した。負傷の長友佑都に代わって右サイドバックに入った中村帆高が持ち前の運動量と推進力を生かすと、センターバックで出場の岡崎慎も精度の高いフィードや的確なカバリングを見せた。
 ただ、試合後の中村は「(長友)佑都さんがいないときも帆高がいれば大丈夫というふうにならないといけない」。敗れたこともあり、岡崎も「もっと良さを出さないといけないし、負けたくなかった」と笑顔を見せることはなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ