本文へ移動

手作りの用水止まり15年、念願の新水路通水へ 木祖・大原地区で 

2022年5月8日 05時05分 (5月8日 18時32分更新)
新水路の水くみ場(右下)が完成し、再び水が通る大原地区の農地=木祖村小木曽で

新水路の水くみ場(右下)が完成し、再び水が通る大原地区の農地=木祖村小木曽で

  • 新水路の水くみ場(右下)が完成し、再び水が通る大原地区の農地=木祖村小木曽で
  • 新水路のパイプを眺める寺田さん。大原井水のU字溝内を通っている=木祖村小木曽で
 木祖村小木曽にある大原地区の農地に再び水が通る。15年ほど前に唯一の農業用水路「大原井水」の水が止まり、代わりに農家は水のタンクを畑まで運んでいたが、県が昨年度に新たな水路を造った。8日に現地で通水記念式がある。 (戸田稔理)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧