本文へ移動

【中日】支配下登録の上田洸太朗、12日ヤクルト戦での先発濃厚「身の引き締まる思い」目標は大野雄

2022年5月8日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
支配下登録され、立浪監督(左)と記者会見に臨みガッツポーズの上田

支配下登録され、立浪監督(左)と記者会見に臨みガッツポーズの上田

 中日の育成2年目の上田洸太朗投手(19)が7日、支配下登録されることが発表された。背番号は67。同日の阪神戦(バンテリンドームナゴヤ)の試合前練習から1軍に合流し、12日のヤクルト戦(神宮)での先発が濃厚で、この日の練習後に記者会見が行われた。
 6日に支配下登録されることを立浪監督から直接伝えられた上田は「身の引き締まる思い。負けない投手を目標にやっていきたいです」と意気込んだ。
 富山県高岡市出身で愛知・享栄高を経て、育成ドラフト2位で入団。目標とする投手は入団時から今も変わらず、エース・大野雄だ。「大野さんのランナーを出しても落ち着いて投球ができる技術は、自分も盗めるようにやっていきたいです」と鼻息荒い19歳。球界を代表する左腕からプロの世界で生き抜くための技術を学んでいくつもりだ。
 背中側で両肘がつく抜群の柔軟性を持ち、球速140キロ前後の直球やカットボール、スライダーなどを巧みに操る。1年目は中継ぎでウエスタン・リーグ12試合に登板し、防御率0・79。今季の沖縄キャンプを1軍・北谷組にも抜てきされて完走すると、ここまで同リーグで5試合に登板。4日のソフトバンク戦(タマスタ筑後)では先発でプロ最長となる7イニング0/3を2失点と好投した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ