本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河、CS出場に向け大事な一戦だったが…川崎に大敗

2022年5月7日 20時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンの3Pシュートを確実に決める柏木真介

オープンの3Pシュートを確実に決める柏木真介

  • オープンの3Pシュートを確実に決める柏木真介
  • 4Qは互角に戦うも、大量点差を覆せずCSに向けて大事な一戦を落とした
◇7日(土) Bリーグ1部36節 三河59 - 85川崎(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム36節
川崎ブレイブサンダース戦
天皇杯王者を迎えた今季最終節。三河はCS出場権、川崎は東地区優勝がかかった重要な対戦は、1Qから川崎の勢いを止められず二桁ビハインドを背負うと、最後まで劣勢を覆すことができずに26点差で大敗。CSに向けて大事な一戦を落とした。
◆1Q
三河 11―28 川崎
17点ビハインドの苦しい立ち上がり
スターティング5は、#3柏木、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。#3柏木が今季初のスターター。
川崎は#34アギラールのゴール下、三河は#32シェーファーのカットインで点を取り合うスタート。川崎#0藤井、#22ファジーカスに連続で3Pシュートを沈められるも、#54ガードナーのアタックで対抗する。しかし川崎のビッグラインナップに攻守ともに苦しめられ、開始2分半に高さのミスマッチを突いた#27熊谷のバスケットカウントで4-11とリードを許す。
早々にタイムアウトを要求するが、その後も中外ともにシュートの確率が上がらず、開始5分に川崎#0藤井の3Pシュートで4-17とリードを拡大される。
#19西田の3Pシュート、#9ローレンス Ⅱのアタックで食らいつくが、川崎の得点を止められず、残り1分に川崎#7篠山に3Pシュートを沈められ、17点のビハインドを背負う。
◆2Q
三河 30―39 川崎(三河 19―11 川崎)
一桁点差に追い上げて、後半へ
スタートは、#3柏木、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#18角野、#32シェーファー。
川崎#22ファジーカスに先制点を取られるも、ディフェンスからリズムを取り戻し、#9ローレンス Ⅱがカットイン、ミドルシュート、ファストブレイクと連続で6得点を挙げて13点差まで追い上げる。
以降はシュートを決め切れず我慢の時間が続くが、ディフェンスで粘り、#18角野のドライブでさらに点差を詰める。
川崎にインサイドを攻められるが、#18角野のアタックに#14ユトフが合わせ、さらに#14ユトフ、#3柏木の連続3Pシュートで11点差に。終了間際に#19西田が3Pシュートを射抜いて、点差を一桁に戻して後半へ。
◆3Q
三河 43―69 川崎(三河 13―30 川崎)
川崎に勢いを止められず、26点ビハインドを背負う
スタートは、#3柏木、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
2Qの勢いをつなげたかったが、川崎#0藤井の連続得点で先行される。#19西田のファストブレイクで反撃するが、川崎#0藤井の3Pシュート、バスケットカウントなどで、開始3分に32-48と一気に流れを持っていかれる。
#32シェーファーの3Pシュートで追走するが、すぐに川崎#23ジャニングに3Pシュートを決め返され、点差を縮めることができない。さらに川崎#27熊谷の3Pシュート、ダンクの連続得点で勢いを与えると、ターンオーバーから立て続けに#27熊谷にファストブレイクで決められ、残り3分の62-37と25点のビハインドを負う。
それでも#7長野が川崎#0藤井からオフェンスファウルを奪うなどディフェンスでハードワークし、#9ローレンス Ⅱがリバウンド、3Pシュートの連続得点を挙げるが、川崎#7篠山にブザービーターを沈められ、点差を26点に広げられる。
◆4Q
三河 59―85 川崎(三河 16―16 川崎)
4Qは互角に戦うも、大量点差を覆せず
スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#15根來、#18角野。
川崎#34アギラールの連続得点で先手をとられるが、#9ローレンス Ⅱがリバウンドで粘って連続得点。#19西田と#7長野のコンビプレー、#7長野のスティールから#14ユトフがダンクを決めて意地を見せる。
しかし終盤、川崎に3連続で3Pシュートを浴びて、残り2分に55-85と30点差の大台に乗せられる。#54ガードナーの連続得点、#18角野のアタックから#15根來が合わせで加点し、4Qは16-16と互角に戦ったが、大量点差を覆せず、59―85で大事な試合を落とした。

■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「1Qと3Q、特に3Qは自滅というか"オフェンスがうまくいかないシュートが入らない"というところで無理にシュートをしてしまって、相手に速攻を出されたり3Pシュートを打たれてしまったという印象です。2Qと4Qに関しては、非常にアグレッシブにディフェンスもできました。
これを40分を通さないと川崎さんみたいな強いチームには勝つことは難しくなってくると思うので、今日のディフェンスの良かった点を明日40分間できるように、しっかり検証しながらやっていきたいと思います。」
■川崎ブレイブサンダース 佐藤賢次ヘッドコーチ 試合後コメント 
「試合の出だし、非常に集中した第1Qをつくることができていたのですが、第2Q、シュートが入らなくて重くなった時間帯に走られたりというディフェンスで問題点が出たのは課題だったと思っています。ハーフタイムでしっかり修正して第3Qに入ることができたのと、前半で相手のディフェンスの"何を守ろうとしているのか"が見えた部分があったので、後半アジャストできたと思います。選手たちも集中して対応して、川崎らしいバスケができたと思います。ただ、オフェンスリバウンドを17本取られてしまいました。普通これだけ取られると難しい試合になっていると思うので、明日チーム全体で修正したいと思います。
こういった数字を修正できるチームになってチャンピオンシップに行きたいと思います。」
(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ