本文へ移動

「今週に入って…」倉持仁院長がコロナ患者の傾向変化に警鐘「明らかに高齢者の感染者が増加」

2022年5月7日 17時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルス患者の診療を続けながら、メディアで医療現場の声を発信する宇都宮市インターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁院長が7日、自身のツイッターを更新。「明らかに今週に入って、高齢者の感染者が増えてきました」と明かした。
 4月29日のツイートで診療所のある栃木県では陽性率が上がっているとし「今のうちに医療アクセスできる体制を!」と訴えていた倉持院長。「ワクチン効果の減弱か、別の株の増加かはわかりませんが、今までの子供→家庭内感染→ワクチン接種3回済み高齢者感染の例が増えてきています」と警戒感をあらわにした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ