本文へ移動

静岡が決勝進出、東海大会へ プロ注目の4番・吉田が先制打含む2安打【春季高校野球静岡大会】

2022年5月7日 15時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回に先制の中越え適時二塁打を放つ静岡の吉田優飛投手

1回に先制の中越え適時二塁打を放つ静岡の吉田優飛投手

◇7日 高校野球春季静岡県大会準決勝 静岡9―6掛川東(草薙)
 静岡が掛川東を破り、決勝進出を決めるとともに春季東海大会(21、22、24日、愛知・小牧市民球場ほか)への出場権を獲得した。プロ注目の最速147キロ右腕、吉田優飛投手(3年)は「4番・右翼」でスタメン出場し、先制打を含む2安打1打点と活躍した。
 1回2死一塁で迎えた第1打席。2ボールから131キロ直球を振り抜くと、打球は中堅手の頭を越す先制の適時二塁打。「連打を打つ意識だったけど、結果的に長打になってよかった」と笑みを浮かべた。7回無死一塁では左前打でつないでマルチ安打。6日は自身の誕生日で18歳初の公式戦を最高のスタートで飾った。
 187センチ、88キロの恵まれた体格で、マウンドに立てば最速147キロを投げる投打の二刀流。冬は上半身の筋力アップに取り組み、秋からベンチプレスでは20キロ重い80キロ以上を上げられるようになった。
 今大会は投手としての登板はまだない。「打撃のいい時と投球がいい時がバラバラになってしまう」と自己分析。大リーグで投打で活躍する大谷の名前を挙げ、「投げていても、打つことができるのがすごい」と二刀流の偉大な先輩にあやかって自身の課題を克服する。
 昨秋の東海大会では1回戦・大垣日大(岐阜)で先発するも2―7で敗れ、センバツ切符を獲得できなかった。「雰囲気に飲まれてしまった。その経験を生かしながら、チームで一体感をもって全力で戦いたい」と東海大会でのリベンジを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ