本文へ移動

スイング遊具 新登場 高岡おとぎの森公園、1基設置

2022年5月7日 05時05分 (5月7日 10時55分更新)
新しいスイング遊具で遊ぶ親子連れ=高岡市の高岡おとぎの森公園で

新しいスイング遊具で遊ぶ親子連れ=高岡市の高岡おとぎの森公園で

 高岡市の高岡おとぎの森公園で、新しいスイング遊具一基が設置され、利用が始まった。親子連れが子どもを遊具に座らせてゆらゆらと揺らして遊ばせた。
 この遊具は、中央がくぼんだ円盤型のシートに一〜五人が乗って遊ぶブランコ。姿勢の保持が難しい子どもも寝そべった状態でブランコ遊びができる仕組みで、身体に障害がある子どもも一緒に遊ぶことができるインクルーシブ遊具の一種。
 市が昨年九〜十月に同公園内のおとぎの森館で小学生以下の子ども対象に実施したアンケートで、七候補の中から最も人気のあった遊具を選んだ。
 設置費用は、同市在住の岩倉敏之さんが二〇二〇年に市に寄付した五百万円を活用した。(武田寛史)

関連キーワード

おすすめ情報