本文へ移動

【浜中俊コラム】思い入れがあるマスターフェンサーが引退 アメリカ競馬一生忘れられない思い出

2022年5月7日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊

浜中俊

先月30日にマスターフェンサーの引退が発表されました。個人的にかなり思い入れがある馬。最初に乗ったのは初ダートだった未勝利戦で、そこでいい勝ち方をしてくれて、出世しそうだなと思った馬でした。そして、何といっても3年前にアメリカで乗れたことは非常に貴重な経験でした。
 芝のレース(ベルモントダービー招待)だっただけに、13着の大敗でしたが、アメリカ競馬を体験できたことは、一生忘れられない思い出です。そういえば、マスターフェンサーはケンタッキーダービーで6着と健闘していましたね。日曜の朝に行われるケンタッキーダービーで、クラウンプライドがどんな競馬をするのか。テレビの前で応援したいと思っています。
 土曜は中京で騎乗します。2Rのエアリーリージェンは一度使った効果とダート替わりで前進を期待。8Rのシホノスペランツァは血統的にダートはこなせそうですが、追い切りの感じだと、今回は少し重めが残っている感じなのがどうか。11Rのアップデートは新馬戦の時に比べて、馬がしっかりとしています。ただ、開幕週で時計が速いと厳しいかも。12Rのメイショウオウギは少し甘いのでメンバーや展開次第です。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ