本文へ移動

“珍事”2人ともに9月26日生まれの奇跡…大野雄大と西口文也

2022年5月6日 21時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
左から西口、大野雄

左から西口、大野雄

◇6日 中日1×-0阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の大野雄大投手(33)が10回2死まで打者を1人も塁に出さない完全投球を演じ、完封勝利を飾った。『9回完全投球』ながら延長戦に突入したのは、2005年8月27日楽天戦(インボイスドーム)での西口文也投手(西武)に続く史上2人目。西口は10回先頭打者に安打を許しており、大野雄の初回先頭打者から『29人完全投球』は史上最長。また、西口と大野雄は同じ9月26日生まれ(西口は1972年、大野雄は1988年)という運命的な生年月日でもある。
 過去に完全試合を達成した中日の投手はおらず、9回まで完全投球をしたのも大野雄が初めて。ちなみにノーヒットノーランは過去12人おり、大野雄も2019年9月14日の阪神戦(ナゴヤドーム)で達成している。西口は9回2死まで無安打無得点を継続しながら、あと1人でノーヒットノーランを逃した試合も2度ある。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ