本文へ移動

【MLB】鈴木誠也はメジャーの左投手は苦手?右の.302に対し左は.148 スイング率も低くじっくり待つ姿勢

2022年5月5日 15時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木誠也(AP)

鈴木誠也(AP)

◇4日(日本時間5日)MLB カブス3―4ホワイトソックス(シカゴ)
 カブスの鈴木誠也外野手(27)は「2番・右翼」で4打数無安打、1三振。2試合連続ノーヒットで、直近6試合は23打数1安打、8三振となった。打率は試合前の・263から・250にダウンした。
 大リーグ公式データシステムのスタットキャストによれば、鈴木のスイング率37・7%はメジャー全体でも9番目に低い数字で、ストライクゾーンのスイング率56・4%も同7番目、ボールゾーンのスイング率17・2%は同13番目。自ら打つと決めているゾーンがあり、そのゾーンの外に来た球がストライクならば「仕方ない」と割り切っていることが数字に表れている。さらに試合を中継する地元放送局マーキーSNが注目したのは、今季27三振は空振りが14(52%)、見逃しが13(48%)という割合だ。同局によれば、大リーグの見逃し三振率の平均は25%で、鈴木はほぼ2倍の多さとなっている。
 また、これで今季は右投手に対して打率・302(53打数16安打)、対左投手は・148(27打数4安打)。メジャーの左腕に対して分が悪い状況だ。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ