本文へ移動

【西武】源田壮亮が今季初の適時打を放つ この試合前まで得点圏打率は0割7分1厘

2022年5月5日 14時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武・源田

西武・源田

◇5日 西武―ロッテ(ベルーナドーム)
 西武の源田壮亮内野手が今季初の適時打を放った。3回に1死から金子が右中間に二塁打を放った直後に2打席目を迎え、ロッテの先発右腕・美馬が2球目に投じた内角高めの141キロのストレートを右前に先制打を運んだ。
 これが今季初打点にもなった。2試合連続安打で5月に入ってからは5安打目。ただし、この試合前まで得点圏打率は0割7分1厘(14打数1安打)と勝負強さをなかなか発揮できないでいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ