本文へ移動

九十九湾でアジ 18〜39センチ40匹

2022年5月5日 05時05分 (5月5日 11時02分更新)

◇能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】七尾港−能登島周辺では、浮き釣りで30〜45センチ前後のクロダイが狙える【船】観音崎−能登島沖は、まだ不安定だが完全フカセ釣り、タイラバ等でマダイの釣果が少しずつ出始めた。フクラギ、アジの回遊も見え始めた=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038
 穴水周辺 【岸】30〜40センチのクロダイがオキアミで釣れ、乗っ込み期で数や大きさに期待。5〜10センチのメバルがワームやアオイソメで釣れている。20センチ前後のアジがサビキやワームで10〜25匹釣れた【船】40〜60センチのマダイがタイラバやスーパーライトジギングで1、2匹。20センチ前後のメバルがサビキやワームで10〜20匹。60〜80センチのスズキがルアーなどで狙える。20〜30センチのアジがサビキで10〜30匹釣れた=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727
 九十九湾周辺 【岸】東一文字では18〜39センチのアジを、1人40匹程度釣っている。能登町一帯では、40〜45センチのクロダイがぼちぼち釣れている。ヤリイカもまだ狙える【沖】スルメイカが好調=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425
 珠洲海岸 【岸】引き続き飯田や狼煙(のろし)周辺で、40センチほどのクロダイが釣れている。狼煙では30センチ台の大きなアジも釣れた。ウミタナゴも全体的に釣れ始めており、キスを狙う人も多い=珠洲市宝立町鵜島、越後屋釣具店(電)0768(84)2141

◇能登外浦

 輪島周辺 【岸】磯場でクロダイが釣れ、多いと10匹以上。ウミタナゴは少ない。朝夕は各地の堤防でアジが狙える【船】ガンド、ブリなどが釣れている。カサゴ、キジハタ、サワラも狙える=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118
 羽咋周辺 【岸】クロダイ、シーバス、サゴシ、カサゴ、メバルが釣れていた。コウイカとヤリイカが少し釣れていた【船】小ブリ、ガンドなどの青物がポツポツ。ほかにはカサゴ、ソイなどの根魚が釣れていた=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

◇金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】浮き釣りで25〜30センチの中アジが5〜10匹釣れる。ボートで25〜30センチのアジが30〜40匹釣れる。カレイとキスがぽつり。穴釣りで15〜20センチのアブラメが5〜10匹狙える【船】25〜30センチのアジが30〜40匹くらい釣れる。15〜20センチのチャバチメが10〜20匹狙える。30〜45センチのクロダイがぽつりと釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010
 松任・美川周辺 【岸】手取川では、例年この時期は、シーバスが狙えるが、釣果は聞かれなかった=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367
 小松周辺 【岸】小松海岸で20センチ前後のキスが投げ釣りで2、3匹釣れた=前記同
 加賀周辺 【岸】片山津海岸と新堀川河口でジグサビキで25〜35センチのアジが多い人で30〜40匹釣れる。大聖寺川と新堀川ではルアー釣りで50〜60センチのシーバスが狙える=前記同

◇富山

 富山市周辺 【岸】神通川河口では35〜45センチのクロダイが2、3匹、四方漁港では20センチのカサゴが3、4匹、水橋フィッシャリーナ周辺では胴長20センチほどのコウイカが2、3匹釣れている=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901
 氷見周辺 【岸】各漁港では、手のひら大から48センチのクロダイが2〜5匹狙える。穴釣りではアイナメやカサゴ、ソイが釣れており、15〜30センチが合わせて5〜15匹揚がっている【沖】ヤナギバチメが20〜40匹狙える=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

◇福井

 三国方面 クロダイがシーズンを迎えた。各漁港や磯で釣果が揚がっている。40〜50センチ。アジは釣れなくなってきた=坂井市三国町池見、フィッシングまさだ(電)0776(82)2712
 越前海岸 ヤリイカは適した場所を選び、群れが入れば、多く釣れる。50〜60匹釣った人もいる。クロダイはぽつぽつ釣れており、40〜50センチ=鯖江市三六町、小林釣具店(電)0778(51)1452
 敦賀湾 元比田や立石、杉津など湾内各所でクロダイやメジナがよく釣れている。クロダイは50センチ以上も。仕掛けはふかせ釣りなど=敦賀市赤崎、つりエサスーパー越前(電)0770(36)1142

関連キーワード

おすすめ情報