本文へ移動

<EYES> ZIP-FMナビゲーター 荒戸完さん 朝の海で釣りをする?

2022年5月5日 05時05分 (5月5日 09時48分更新)
 私は名古屋市のZIP−FMというラジオ局のナビゲーターだ。4月からは平日午前6時から9時の番組を1人で担当している。通勤時間ということもあり、最も多くの人がラジオを聴く時間帯。ラジオ業界のゴールデンタイムだ。
 魚釣りで特定の獲物を狙うように、テレビやラジオは時間帯によってターゲット層を設定している。私が3月まで担当した番組は午後7時スタート。仕事から帰る車や電車で聴くビジネスパーソン向けに情報を届けていた。以前担当していた午後9時からの番組は中高生向けで、夕食後のだんらんを終えて自室に戻り、勉強しながら聴くリスナーが多かった。
 ナビゲーターとして7年間、「誰に向かって語りかけるか」をかなり重視してきた。では、最も多くの人が聴いているという朝のターゲットは一体どの層なのか。それは「朝起きている人」全員だと考えている。
 ここからはデータに基づく話ではなく私の印象だ。まず、一つのラジオ番組を最初から最後まで聴いている人は少ない。番組開始の午前6時から聴くのは夜勤明け、5時半に起きてお弁当作り、単純に早起き…などの人だ。6時半ごろから世の中は目覚め始める。メッセージや番組宛ての交流サイト(SNS)のつぶやきが一気に増えるのだ。7時から8時半くらいにかけて右肩上がりに増えていく印象で、8時半になると会社や学校が始まるのでリアルタイムで聴く人数は落ち着き、番組終了の9時を迎える。
 朝起きている全ての人に語りかけて、耳を傾けてもらうのは本当に難しい。海底を巨大な網でさらうのとはわけが違う。手にしているのはマイクつまりさお1本。できるだけ多くの人に興味を持ってもらえるように、今朝も新鮮な餌(話題)を用意して電波の海に投じている。

関連キーワード

おすすめ情報

EYESの新着

記事一覧