本文へ移動

国内メジャー今季初戦の優勝ラインは「11アンダー」想定【女子ゴルフ】

2022年5月4日 17時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロアマ戦でショットの練習をする西郷真央

プロアマ戦でショットの練習をする西郷真央

 女子ゴルフの今季国内メジャー初戦、ワールドレディスサロンパスカップ(賞金総額1億2000万円、優勝2400万円)が5日、茨城県つくばみらい市の茨城GC西C(6680ヤード・パー72)で開幕する。
 今回のトーナメントコースセッティング担当は、西コース開催だった2013年大会で優勝している茂木宏美(アース製薬)。「私自身、あの優勝でゴルフの幅が広がったと感じています。コースコンディションは最高です。クラブがどんな角度でボールをとらえてスピンコントロールができるか、正確なショットが結果に生きるように仕上がっていると思います。優勝スコアは期待も込めて11アンダーを考えています」という。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ