本文へ移動

【西武】川野涼多と高山久コーチが新型コロナ陽性、球団独自ルールで松井稼頭央ヘッドコーチも自宅待機

2022年5月4日 10時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川野涼多

川野涼多

 西武は4日、高山久打撃コーチ(40)、今季1軍デビューした3年目の川野涼多内野手(20)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3日にスクリーニングのため監督、コーチ、選手、チームスタッフを対象にPCR検査を実施し、同日のロッテ戦後に判明した。
 球団広報部は「高山コーチは、試合後には症状がなかったが、現在は発熱の症状がある。川野選手は試合後、現在ともに症状はない」としている。濃厚接触の疑いがあるチーム関係者はいなかったが、球団独自のルールで松井稼頭央ヘッドコーチを4日から3日間、自宅待機にしたことも明かされた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ