本文へ移動

<伊那谷に生きる>(1)駒ケ根市 矢満田務さん(45)=松本市出身

2022年5月3日 05時05分 (5月3日 12時44分更新)
山岳観光の振興に携わる矢満田さん=駒ケ根市赤穂で

山岳観光の振興に携わる矢満田さん=駒ケ根市赤穂で

 伊那谷の各地で、美しい風景や文化に引かれて住民の力になりたいと、都市圏から来た「地域おこし協力隊」が活動している。出身地や経歴はいろいろ。どんな思いで協力隊という職を選び、伊那谷に生きることにしたのか。転機や展望を聞く。
 東京の会社で二十四年、技術職のエンジニアとして働いていました。海の波の高さや向きを計るセンサーを作っていたんです。忙しくて、朝出社したら、帰りは真っ暗。やりがいはありましたが、「定年までこの仕事を続けるの?」と自問自答していました。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧