本文へ移動

<しなのQ&A> Q.北アルプスのニホンジカ対策、どうして?

2022年5月3日 05時05分 (5月3日 12時50分更新)
シカによる食害に遭った地点=2008年7月、南アルプス仙丈ケ岳で(竹田准教授提供)

シカによる食害に遭った地点=2008年7月、南アルプス仙丈ケ岳で(竹田准教授提供)

  • シカによる食害に遭った地点=2008年7月、南アルプス仙丈ケ岳で(竹田准教授提供)
  • 防護柵を設置した後の同じ地点。黄色い花を咲かせるミヤマキンポウゲなど植生が復活した=2011年7月、南アルプス仙丈ケ岳で(竹田准教授提供)
 北アルプスの標高およそ千五百メートル以上の亜高山帯や高山帯で目撃が相次ぐニホンジカによる食害対策などのため、環境省が二〇二二年度から試験捕獲に乗り出します。なぜ高地へのシカの侵入に対策が必要なのでしょうか。本紙県版キャラクター「おしえてほっしー」が「おやっきー博士」に聞きました。 (大塚涼矢)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧