本文へ移動

全国の祭りや芭蕉巡ろう 大垣観光協二つのスマホラリー

2022年5月3日 05時05分 (5月3日 19時06分更新)
スマホラリーをPRするポスター=大垣市奥の細道むすびの地記念館で

スマホラリーをPRするポスター=大垣市奥の細道むすびの地記念館で

 大垣市の大垣観光協会は四月から、祭りがある都市の観光施設を巡る「山・鉾(ほこ)・屋台行事応援スマホラリー」、奥の細道にちなんだ国名勝を巡る「おくのほそ道風景地巡礼スマホラリー」を行っている。スマホラリーを通じて、全国の祭りや市ゆかりの俳人・松尾芭蕉を知ってもらうのが目的。ともに十二月四日まで。
 祭りのスマホラリーは市の大垣まつりや高山市の高山祭、愛知県犬山市の犬山祭といった国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されている三十三カ所の祭りが対象。おくのほそ道のスマホラリーは、国が指定する名勝のうち、大垣市の大垣船町川湊など奥の細道にちなんだ名勝二十六カ所を巡る。
 いずれも関連施設に設置されたQRコードから、祭りや俳句にまつわる四択問題に取り組むと、ポイントがもらえる。ポイントの獲得数に応じて参加市町の特産品などがもらえる。
 祭りのスマホラリーは二〇一七年、奥の細道のスマホラリーは一四年から形を変えながら続く観光協会主催の催し。今年の祭りのスマホラリーは、コロナ禍の中で開催への準備を進める祭り関係者への応援の願いを込めた。
 市商工観光課の林慎也さん(33)は「期間が長いので、自分のペースで参加してもらえたら」と参加を呼び掛けている。(問)大垣観光協会=0584(77)1535
 (成田はな)

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧