本文へ移動

【MLB】「超人セイヤ・スズキが地球に戻ってきた」鈴木誠也、17打席の安打に米メディア大興奮

2022年5月2日 13時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
17打席ぶり安打をマークした鈴木誠也(AP)

17打席ぶり安打をマークした鈴木誠也(AP)

◇1日(日本時間2日) 大リーグ ブルワーズ0-2カブス(ミルウォーキー)
 カブスの鈴木誠也外野手(27)はブルワーズ戦に「2番・右翼」で先発出場。6回の第3打席で左翼線に適時二塁打を放ち、17打席ぶりの安打をマークした。
 米ニュースサイトのファンサイデッドは1日付で「カブスの超人セイヤ・スズキが地球に戻ってきた」の見出しをつけ、「過去7日間は普通の人間のようだった」とバットが沈黙していた時の様子を表現した。
 過去6試合は25打数3安打で打率1割2分。それでも前日まで今季の出塁率は4割5厘で、出塁率と長打率を足したOPSも9割3分4厘の高率だったとし、「これからの数週が、スランプを抜け出す大きな試練となる」とした。(写真はAP)
 鈴木は1―0の6回二死一塁で昨年のサイ・ヤング賞右腕バーンズが3球続けて投げたカーブを捉えた。この日は空振り三振、中飛、左翼線適時二塁打、三ゴロの内容で4打数1安打だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ