本文へ移動

東邦が決勝進出 プロ注目の三浦心空が投打で活躍 孫悟空が名前の由来…帽子のつばには「元気玉」【高校野球春季愛知県大会】

2022年5月1日 14時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4イニングを1安打無失点、5奪三振と好投した東邦の三浦心空投手

4イニングを1安打無失点、5奪三振と好投した東邦の三浦心空投手

 ◇1日 高校野球春季愛知県大会準決勝 東邦9―3豊川(岡崎レッドダイヤモンドスタジアム)
 投打でプロ注目の東邦の三浦心空(こくう)投手(3年)が投げては先発で4イニングを1安打無失点に抑え、打っては2点適時二塁打を放つ活躍でチームを決勝へと導いた。
 最速147キロ右腕が真価を見せつけた。3回戦で中京大中京を破り、勢いに乗る豊川打線を4回まで1安打無失点。5三振を奪う快投で付け入る隙を与えず、「初回に打線が点を取ってくれたので打たせて取る投球ができた」と笑顔をみせた。
 キレのある直球と変化球を制球よく投げ込む投球が持ち味。試合前には「変化球を中心に組み立てていこう」と正捕手・落合と話し合い、マウンドに立った。1回の先頭打者への初球から2球連続でカーブでストライクを取るなど変化球の制球は抜群。この日は最速144キロを計測したが「スピードにはあまりこだわっていないけど、高めの直球で空振りを取れたのがよかった」と満足そうに振り返った。
 2回2死満塁で迎えた第2打席では、低めのスライダーを左翼線に落とす2点適時二塁打で自らを援護。5回からは三塁の守備に就き、「投手はマウンドで孤立してしまうので安心させれるように」とひときわ大きな声を出して盛り上げた。スタンドから視察したオリックスの下山スカウトは「直球で空振りが取れて、変化球でカウントが取れる。試合を重ねるごとに成長を感じる」と評価した。
 「心空(こくう)」の名前の由来となったのは漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空。昨秋までは試合用の帽子のつばに「かめはめ波」と書いていたが、「秋は負けてしまったので…」と今大会では「元気玉」に替えた。あらゆる生き物から元気を集めて繰り出す必殺技のように「みんなで力を合わせていく」との思いを込めた。
 「決勝でも勝ちきって、夏をいい結果で迎えられるようにしたい」。2018年秋以来となる愛知の王者まであと1勝に迫った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ