本文へ移動

カラスの電柱営巣、AIで発見 北電、自動検知で撤去効率化

2022年5月1日 05時05分 (5月1日 14時46分更新)
車載カメラとAIを活用して巣を検知するシステムを導入した車両。業務の効率化を図る=永平寺町松岡湯谷で

車載カメラとAIを活用して巣を検知するシステムを導入した車両。業務の効率化を図る=永平寺町松岡湯谷で

  • 車載カメラとAIを活用して巣を検知するシステムを導入した車両。業務の効率化を図る=永平寺町松岡湯谷で
  • 高所作業車で、電柱に作られたカラスの巣を撤去する社員=永平寺町松岡湯谷で
 北陸電力送配電福井支社は、カラスの営巣時期に合わせて、電柱に作られた巣の撤去活動を行っている。巣の発見に向け今季から、人工知能(AI)を活用した新システムを導入し、目視などによる活動に加えて、業務効率化を図っていく。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧