本文へ移動

コロナ禍「向き合い、生きた」 紀北の郷土史団体、住民の体験を文集に

2022年5月1日 05時05分 (5月1日 12時03分更新)
文集「コロナ禍を生きる」を紹介する中野さん=紀北町三浦の中野さん方で

文集「コロナ禍を生きる」を紹介する中野さん=紀北町三浦の中野さん方で

 紀北町の郷土史研究サークル「紀伊長島ふるさと懇話会」が、新型コロナウイルス下での生活をテーマに町民らから作文を募り、寄せられた二十四編をまとめて文集を作った。題して「コロナ禍を生きる」。感染拡大によってもたらされた暮らしの変化、人との関係性などが住民目線でつづられ、専門家は「貴重な記録となる」と評価している。 (長尾祐樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧