本文へ移動

教員働き方改革、現場から訴え 羽島北高・西村さん「給特法改善を」

2022年5月1日 05時05分 (5月1日 11時19分更新)
「実名で本音を語れる社会にしたい」と話す西村さん=岐阜市内で

「実名で本音を語れる社会にしたい」と話す西村さん=岐阜市内で

 多忙な教員の「働き方改革」を現場から訴える教師がいる。羽島北高(岐阜市)の西村祐二さん(43)。当初は批判を恐れて仮名を使っていたが、今では名前も顔も明かして発信する。「実名で本音を語れる社会にしたい」との思いからだ。四月二十八日には、教員の過酷な労働環境の原因となっている法制度の抜本的な改善を求めるオンライン署名を、呼び掛け人として公開。「教室は二十年後の社会をつくる。教員だけの問題じゃない」と幅広く賛同を募っている。 (高野正憲)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧