本文へ移動

名城大と愛産大が勝ち3ポイント獲得【愛知大学野球春季リーグ】

2022年4月30日 22時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇30日 愛知大学野球春季リーグ第4週第1日(名古屋市・パロマ瑞穂)
 名城大と愛産大が勝ち、3ポイントを獲得した。名城大は5回に小林大介外野手(4年・高崎健康福祉大高崎)の逆転となる2点適時打で愛工大に8―2で勝ち、負けなしの5連勝。愛産大は8回に藤掛大希外野手(3年・愛産大工)が決勝の適時三塁打を放ち、東海学園大に8―6で勝って今季初勝利を挙げた。愛院大と中部大は両先発投手が好投し、1―1の引き分け。1ポイントを分け合った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ