本文へ移動

「周平がよく走ってくれました」13打数無安打と苦しんできた福留孝介、犠飛で今季初打点【中日】

2022年4月30日 20時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏1死満塁、代打福留が中犠飛を放つ

8回裏1死満塁、代打福留が中犠飛を放つ

◇30日 中日4―2広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・福留孝介外野手は代打で今季初打点を挙げた。勝ち越した直後の8回1死満塁で登場すると、3番手・塹江の2球目を強振。ライナー性の打球が中堅手のグラブに収まると、三走・高橋周がスタート。タイミングはアウトも捕手・坂倉が落球。追加点の犠飛となった。「周平がよく走ってくれました。良かったです」とコメント。ここまで13打数無安打と苦しんでいた大ベテランが仕事を果たした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ