本文へ移動

【松山弘平コラム】東京スプリント勝った川須君 大井初騎乗で見事勝利、交流重賞Vも初 活躍が刺激

2022年5月1日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

4月20日に大井で東京スプリントが行われました。復帰が間に合わず、サクセスエナジーは和田(竜)先輩が騎乗してくださって5着という結果でした。最内枠で厳しい形でしたが、最後はよく伸びていましたね。喉を手術をした効果が見られますし、まだまだやれそうです。
 勝ったのは親交の深い川須君が騎乗したシャマル。大井で乗ること自体今回が初めてだったので、いろいろとアドバイスをしたのですが、初騎乗で見事に勝利。レース後に連絡しましたが、交流重賞を勝つのも初めてだったようで、とても喜んでいました。仲がいい後輩の活躍は刺激になりますし、負けないように頑張ろうと思いました。
 日曜も阪神です。11Rのマカオンドールは前走より状態が上がっています。少し力むところがあるので、折り合いがポイントになりそう。スムーズに立ち回って、上位に食い込めるよう頑張ります。2Rのグッドウッドガイは、能力はありますが、もまれ弱いのが課題です。12Rのプラチナムレイアーはやめるところがあるようですが、調教の動きは良かったですし、最後まで集中して走れれば、昇級でもやれる可能性はありそうです。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ