本文へ移動

早め先頭で踏ん張って2着のロードレゼル ダービー出走は「今後は状態を確認してから」【青葉賞】

2022年4月30日 17時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京11R、青葉賞を制したプラダリア(右手前)2着のロードレゼル。ともにダービーの優先出走権を得た

東京11R、青葉賞を制したプラダリア(右手前)2着のロードレゼル。ともにダービーの優先出走権を得た

◇30日 第29回青葉賞(G2・東京・芝2400メートル、ダービートライアル)
 2番人気のロードレゼルが2着に踏ん張って、ダービーの優先出走権を獲得した。前半1000メートルが58秒9という速めの流れで離れた2番手を追走。直線では逃げた馬がアクシデントで急減速したため、早めに先頭に立つ形になったが、勝ち馬にかわされてからも粘った。
 川田は「課題だらけで修正するところが大きいですが、権利を取れたことだけは最低限の仕事をしてくれたと思います」と評価。中内田師は「最後は物見をしながら走っていましたね。結構速いラップで走って体に負担がかかったと思うので、今後は状態を確認してから明確にプランを立てたいと思います」と慎重に見極める考えだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ