本文へ移動

【中日】広島との接戦制し連敗3でストップ 高橋周平が今季初安打、勝率5割復帰

2022年4月30日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋周

高橋周

◇30日 中日4―2広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日が加藤翔平外野手の値千金の勝ち越し適時打で接戦を制し、連敗を3でストップさせた。勝率も5割に戻した。
 同点の8回先頭・阿部、続く高橋周の連打などで1死満塁の絶好機をつくると、打席には途中出場の加藤翔。1ボールから2球目を捉えた打球は遊撃の右を破る勝ち越しの一打に。打った加藤翔は大きく右手を突き上げ、一塁上でガッツポーズを決めた。さらに続く代打・福留も中犠飛を放ち、この回2得点。
 直前にはここまで10試合連続無失点だったロドリゲスが同点に追い付かれるなど、嫌な流れだったが、伏兵のバットが全てを拭い去った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ