本文へ移動

中日、30イニングぶりの適時打で先制 4回、阿部が広島・森下からバット折りながらもレフト前に

2022年4月30日 15時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・阿部

中日・阿部

◇30日 中日―広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日が30イニングぶりの適時打で先制点をあげた。
 4回、先頭の岡林がチーム2安打目となる中前打で出塁し、1死から盗塁を成功させ好機を拡大。ビシエドの四球で一、二塁となったところで阿部。2ボールから151キロの内角直球にバットを折られながらもレフト前にポトリ。岡林が二塁から一気にホームを駆け抜けた。
 ここまで得点圏打率4割を超える阿部が好投手・森下を打ち砕いた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ