本文へ移動

池江璃花子、女子100メートル自由形、予選1位で決勝進出【水泳日本選手権】

2022年4月30日 11時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
池江璃花子

池江璃花子

◇30日 水泳日本選手権第3日(横浜国際プール)
 東京五輪代表の池江璃花子(21)=ルネサンス=が女子100メートル自由形で54秒82をマークし、予選1位で決勝に進んだ。2年連続の優勝が見えてきた。
 池江は大会1日目に女子50メートルバタフライで学生新記録となる25秒49で優勝。国際大会の派遣標準記録も突破し、アジア大会(9月・杭州)の代表入りが有力となった。2日目は「体力をつけるため」に200メートル自由形に出場し、1分59秒46で3位だった。
 今大会は50メートル、100メートルバタフライ、50メートル、100メートル、200メートル自由形の5種目にエントリーしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ