本文へ移動

プロ注目の花咲徳栄・藤田が今春1号満塁弾「甘い球を一発でとらえられた」【高校野球春季埼玉県大会】

2022年4月29日 19時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本塁打&二塁打で2安打の花咲徳栄の藤田大清外野手

本塁打&二塁打で2安打の花咲徳栄の藤田大清外野手

  • 本塁打&二塁打で2安打の花咲徳栄の藤田大清外野手
  • 5回に右前二塁打を放った花咲徳栄の藤田大清外野手
  • 花咲徳栄の新3番、藤田大清外野手
 春季高校野球の埼玉県大会は大宮公園野球場で3回戦を行い、昨秋王者で今春センバツ4強の浦和学院、昨秋準優勝の花咲徳栄がともに5回コールド勝ちで8強に進んだ。花咲徳栄はプロ注目の藤田大清内野手(3年)が満塁弾を放ち、10―0で東農大三を破った。
 オリックスなどのスカウト視察の前で今春1号だ。花咲徳栄の藤田が2回に真ん中の真っすぐを右翼へ引っ張って満塁弾。「甘い球を一発でとらえられた。低い打球を意識して結果的にいい角度に上がりました」。昨秋から不動の3番。花咲徳栄は3番が”打線の顔”で、目標にしている西川愛也(西武)も優勝した夏の甲子園で3番を担った。「歴代の3番がチームを引っ張ってきた。打たないといけない」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ