本文へ移動

前回王者の太田彪雅は反則負けで涙「自分の気持ちの弱さがでた」【全日本柔道選手権男子】

2022年4月29日 19時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田彪雅=代表撮影

太田彪雅=代表撮影

◇29日 全日本柔道選手権男子(日本武道館)
 前回大会覇者の太田彪雅(旭化成)は準々決勝で敗退。「自分の気持ちの弱さがでたんじゃないかな」と悔しげに振り返った。
 昨年12月の前回大会終了後は、世界の舞台で勝つために「相手と正々堂々組み合って戦う」という柔道スタイルへと変えた。2、3回戦と順調に勝利を収めたが、準々決勝では10分を超える激闘の末、指導3つとなり小川雄に反則負け。「自分の柔道をさせてもらえず、まだまだ課題がある」と反省点を挙げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ