本文へ移動

【J1名古屋】長沢和輝が半月板損傷で全治半年、20日のFC東京戦で負傷

2022年4月29日 17時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
20日のFC東京戦、ゴール前で倒れ込む名古屋・長沢(左)

20日のFC東京戦、ゴール前で倒れ込む名古屋・長沢(左)

 サッカーJ1の名古屋は29日、MF長沢和輝(30)が20日のリーグ第2節・FC東京戦(味スタ)で右膝外側半月板損傷のけがを負ったことを発表した。27日に手術を実施し、全治は手術日から5~6カ月を要する。
 FC東京戦では、後半12分からMFレオシルバに代わって出場。試合終了までプレーしていた。
 長沢は専大卒業後、ドイツでのプレーを経てJリーグ入り。千葉、浦和を経て、昨季名古屋に加入した。同年はボランチを中心にリーグ戦32試合、カップ戦5試合に出場した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ