本文へ移動

石川県返礼品 新たに旅行券 21年度、1億5900万円

2022年4月29日 05時05分 (4月29日 08時17分更新)

▽ふるさと納税

 ふるさと納税で二〇二一年度に石川県に寄付された金額は一億五千九百九十万円だった。四月一日からは新たに宿泊旅行券十八品を返礼品に加え、合計は五百四十二品となった。二十八日の県議会総務企画県民委員会で県が報告した。
 申込件数が多かった人気の返礼品は、一位が日本酒で千百八十三件。二位はかぶら寿しで九百七十七件、三位が米で六百二十四件だった。県産ブランド二十二品目では、一位が県産米「ひゃくまん穀」で四百二十二件、二位が「能登牛」で二百七件、三位が県産の酒米を使った日本酒「百万石乃白」で四十七件となった。
 県の返礼品は新たに加わった宿泊旅行券のほか、食品などが二百九十七品、九谷焼などの伝統的工芸品が二百二十七品ある。返礼品は二〇年八月に開始し、同年度末までの寄付額は六千二百九十一万円。開始以前の寄付額の例年五百万円から大幅に増加している。 (戎野文菜)

関連キーワード

おすすめ情報