本文へ移動

【グランパス】マテウス先制弾もまさか…終盤1分間で逆転され敗戦 今季初のアウェー勝利ならず

2022年4月28日 21時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
磐田―名古屋 前半、試合を見つめる名古屋・長谷川監督(右)

磐田―名古屋 前半、試合を見つめる名古屋・長谷川監督(右)

◇28日 J1第10節 磐田2―1名古屋(ヤマハスタジアム)
 2019年以来3年ぶりの東海ダービーは、グランパスが優位に進めながら、後半に暗転し、磐田に屈した。
 前半は、ほぼ完全にグランパスペース。最終ラインをハーフウエーライン近くまで押し上げる時間が長く続くほど攻め込む展開が続いた。
 前半43分、MFレオシルバのスルーパスにDF森下龍矢が反応。ゴール右で収め、センタリングし、フリーだったFWマテウスが中央に突き刺した。ゴール後は、26日に第1子が生まれたFW相馬勇紀を「ゆりかごダンス」で祝福した。
 今季初のアウェー勝利も目前に見えたが、後半39分にCKからFW大津祐樹のヘッドで失点。1分後にも大津に豪快なシュートを打ち込まれ、敗戦。サックスブルーの猛攻に沈んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ