本文へ移動

【競泳】池江璃花子、50mバタフライで優勝 「よかったぁ」派遣標準上回りアジア大会個人代表入り確実

2022年4月28日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子50メートルバタフライを制し、インタビューに答える池江璃花子

女子50メートルバタフライを制し、インタビューに答える池江璃花子

 競泳のアジア大会(9月・中国、杭州)代表選考会を兼ねた日本選手権が28日、横浜市の横浜国際プールで始まった。女子50メートルバタフライは東京五輪代表の池江璃花子(21)=ルネサンス=が派遣標準記録を上回る25秒49で優勝し、アジア大会個人代表入りを確実にした。
     ◇
 焦る気持ちを抑えて、自分の泳ぎに集中した。池江は派遣標準記録を上回る25秒49で優勝。電光掲示板に表示されたタイムを見た瞬間に「よかったぁ」と思わず口にした。
 3月の選考会では派遣標準記録に届かず、世界選手権代表入りを逃した。「前回はとにかくタイムを狙いたい一心でした。それがよくなかった」。選考会後からはなかなか気持ちが切り替えられず、「日本選手権まで2、3カ月あったぐらい長く感じて…」。少しずつ前を向き、記録よりもただ白星を狙おうと心に決めた。
 アジア大会は6冠を達成した2018年(ジャカルタ)以来、4年ぶり。「個人代表に入るのが今年の目標だった。結果を出すために頑張りたい」。池江が着実に前に進んでいる。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ