本文へ移動

サッカー日本代表、6月シリーズ4試合に森保監督「30人前後を招集」 シュツットガルト伊藤など候補に

2022年4月28日 17時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本代表・森保一監督

日本代表・森保一監督

 サッカー日本代表の森保一監督(53)が28日、オンラインで取材に応じ、11月のW杯カタール大会に向けた強化の一環として、6月に国内で開催される国際親善試合計4試合に30人前後の選手を招集する方針を示した。
 森保監督は「チームとして戦う形の幅を広げるようにチャレンジをしていきたい」と述べ、「戦術の浸透、新たな戦い方、選手を見てみたい」と狙いを語った。
 W杯アジア最終予選を勝ち抜いた選手、戦術をベースにする考えを強調した上で、指揮官は「何人かは最終予選に招集していなかった選手たちを見てみたいという思いはある」と説明。森保監督が4月の欧州視察で面談したドイツ1部・シュツットガルトDF伊藤洋輝(22)ら新戦力も招集候補に挙がりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ