本文へ移動

悲願のG1初制覇を狙うディープボンド、8枠18番と大外枠「短い距離よりはまし」と谷口助手【天皇賞・春】

2022年4月28日 16時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディープボンド

ディープボンド

◇第165回天皇賞・春(5月1日・G1・阪神・芝3200メートル)
 悲願のG1初制覇を狙うディープボンドは8枠18番と大外枠に収まった。谷口助手は「しょうがないですね」と最初は少し落胆した様子。ただ、気を取り直して「短い距離よりはましですね。競馬も上手なんで、内で包まれるより、いつでも動ける位置で運べるのでいいかも」とプラスにとらえた。
 追い切り翌日も状態に変わりなく順調そのもの。「本当に調子はめちゃくちゃいいので、必ず好走すると思います」と出来の良さに関して太鼓判を押していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ