本文へ移動

中日・桂依央利が登録抹消、23日巨人戦で打球受ける 左脇腹痛の勝野も抹消、大島の検査結果は打撲

2022年4月28日 16時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・桂

中日・桂

◇28日 阪神-中日(甲子園)
 中日は28日、桂依央利捕手が23日の巨人戦(バンテリンドームナゴヤ)の試合中に下半身に打球を受け、その後も症状が改善されず、外科的処置を取ったためと出場選手登録を抹消したと発表した。桂は同戦で「8番・捕手」で今季初めてスタメンマスクをかぶり、第1打席で空振り三振し、第2打席で代打・木下が送られていた。
 また、27日の阪神戦(甲子園)で登板した勝野昌慶投手が左脇腹痛を訴え、検査のために出場選手登録を抹消、同戦で死球を受けた大島洋平外野手については検査の結果の打撲と診断されたと発表した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ