本文へ移動

北尾遺跡で方墳発見 栗東市教委「有力な豪族の墓か」

2022年4月28日 05時05分 (4月28日 14時56分更新)
北尾遺跡で見つかった方墳の石室=栗東市小野で

北尾遺跡で見つかった方墳の石室=栗東市小野で

  • 北尾遺跡で見つかった方墳の石室=栗東市小野で
  • 見つかった埋もれ木のナツメ玉(下2列)とガラス玉(上2列)=栗東市出土文化財センターで
  • 北尾遺跡の古墳に埋葬された人のイメージ=栗東市教委提供
 栗東市教委は、発掘調査を進めていた北尾遺跡(同市小野)で、古墳時代(六世紀末〜七世紀前半)の方墳一基を発見したと発表した。横穴式石室の一部が残り、玉や耳輪など計約六十点が見つかった。市教委は「平野を見渡せる所にあり、有力な豪族の墓の可能性がある」とした。(作山哲平)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧