本文へ移動

<トップに聞く> ヴィソン多気・立花哲也代表取締役(48)

2022年4月28日 05時05分 (4月28日 13時33分更新)
ヴィソン開業から1年を振り返る立花代表取締役=多気町のヴィソンで

ヴィソン開業から1年を振り返る立花代表取締役=多気町のヴィソンで

  • ヴィソン開業から1年を振り返る立花代表取締役=多気町のヴィソンで
  • 地元の食材を提供する店舗が並ぶマルシェ・ヴィソン=多気町で
 多気町の民間複合レジャー施設「VISON(ヴィソン)」が二十九日、開業から一年を迎える。運営会社「ヴィソン多気」の立花哲也代表取締役(48)は本紙のインタビューで、新型コロナウイルス禍で来場者数は目標の半分にとどまったことを明らかにし、認知度の向上を課題に挙げた。デジタル地域通貨の導入など利便性向上につながる先進的な取り組みを進め、地域との連携を強化し「中南勢の観光拠点としての役割を果たしたい」と力を込めた。(聞き手・松本貴明)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧