本文へ移動

パラリンアートで人を元気に 岩倉の峯さん、世界大会で2年連続受賞

2022年4月28日 05時05分 (4月28日 12時00分更新)
今回受賞した「笑顔のシャワー」(左)と、前年の受賞作「夢の泉」を持つ峯さん=岩倉市役所で

今回受賞した「笑顔のシャワー」(左)と、前年の受賞作「夢の泉」を持つ峯さん=岩倉市役所で

  • 今回受賞した「笑顔のシャワー」(左)と、前年の受賞作「夢の泉」を持つ峯さん=岩倉市役所で
  • 作品を前に「周りを明るくしてくれる絵」と話す二之夕社長=大口町豊田の東海理化本社で
 国内外の障害者が出品する「パラリンアート世界大会2021」で、岩倉市在住の専門学校講師、峯愛実(めぐみ)さん(30)が2年連続で受賞した。多様な人や動物が集う様子を描き、くしくも、隣接する大口町の東海理化が贈るスポンサー賞に選出。「今後も、見た人に元気になってもらえる作品を作っていきたい」と意気込んでいる。 (小中寿美)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧