本文へ移動

歌手・早見優さん特別インタビュー(下)80年代メロディーにはマジックがある 同期の仲間とはずっと仲良し

2022年4月28日 07時05分 (5月3日 22時56分更新)
 早見優さん(撮影・平田潤)

 早見優さん(撮影・平田潤)

  •  早見優さん(撮影・平田潤)
  •  「夏色のナンシー」のジャケット
  •  早見優さん(撮影・平田潤)
  •  4月20日に発売した2DVD+4CD「YU HAYAMI/LIVE1984~1985」
 デビュー40周年を迎えた歌手の早見優さん。ロングインタビュー(下)では、彼女のイメージを決定づけたヒット曲「夏色のナンシー」やデビュー曲の「急いで!初恋」など代表曲を巡るエピソードを伺った。
 「夏色のナンシー」は、昭和歌謡史に数々のヒット曲を残した作曲家筒美京平氏(2020年に逝去)の作品で、1983年春に早見さんの5曲目として発売された。グアム、ハワイ育ちの早見さんにぴったりの明るくはじけた曲で、コカ・コーラのCMソングでもあったことで大ブレークした。
 82年には、早見さんのほかに小泉今日子さん、堀ちえみさん、三田寛子さん、石川秀美さん、中森明菜さん、シブがき隊らがデビューし、アイドル大豊作の「花の82年組」とも呼ばれる。早見さん、松本伊代さん(81年10月デビュー)らは「同期」として仲が良いことで知られている。今も続く80年代アイドルたちの交流についても話してもらった。

▽若者たちも関心

 -この4~5年、「80年代」がまたブームになっているように感じます。「80年代アイドル」という言葉もまるで一つのブランドになっているようです。
 「米国留学中の長女が今二十歳ですが、そのくらいの若い...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

増刊号の新着

記事一覧