本文へ移動

夏の甲子園大幅値上げ『2800円』→『4200円』中央指定席は1400円増 混雑解消と暑さ対策で全席指定に

2022年4月27日 18時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
甲子園

甲子園

 日本高校野球連盟は27日、今夏の第104回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕・阪神甲子園球場)の入場券を値上げすると発表した。一般入場券は全席指定でネット発売する。同日、オンライン開催した第2回運営委員会で決めた。また、組み合わせ抽選会を8月3日に大阪市内のフェスティバルホールで開催することも合わせて発表した。
 料金改定は4年ぶり。今回は中央指定席を2800円から4200円などと大幅に値上げする。全席指定として応援団以外の来場者入れ替えがなくなるため、総入場者数は大きく減少する見通しで、日本高野連は「暑さ対策、感染症対策の費用が増えており、やむを得ず入場料を値上げすることにした」と説明した。
 2018年は混雑緩和を主目的に中央席を前売り指定として、無料だった外野を有料化した。その後も自由席を求めて早朝に1万人以上が並ぶことが3度あり、熱中症の400人を手当てしてきたという。このため混雑解消と熱中症予防を図るため、全席指定にする。
 料金改定は次の通り。かっこ内は旧料金。
 ▽中央指定席 4200円(2800円)
 ▽1塁・3塁指定席 大人3700円(2000円)、子ども1200円(800円)
 ▽アルプス席 1400円(800円)
 ▽外野指定席 大人1000円(500円)、子ども500円(100円)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ