本文へ移動

長谷川健太監督「遠藤保仁は当然、危険な選手」かつての戦友に警戒感【名古屋グランパス】

2022年4月27日 18時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷川監督

長谷川監督

サッカーJ1の名古屋グランパスは28日、磐田戦に臨む。3年ぶりの東海ダービーで、長谷川健太監督(56)は、かつてともに栄冠を味わったMF遠藤保仁(42)を警戒した。27日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開で練習した。
 日本の心臓とも称されたボランチは、42歳にしていまだ脅威だ。今季は全試合に出場する遠藤。長谷川監督がG大阪を率いた5年間で、J2優勝を含めて5冠を荒稼ぎした原動力の1人だ。
 「彼がいなかったらタイトルを取れなかった」と改めて振り返った指揮官。磐田は今季、2019年以来のJ1復帰。「遠藤がいなければ磐田はJ1に上がることができなかったと思う」とかつての”戦友”に最大限の敬意を払った。
 加齢は避けられないが、らしさは失っていない。3月5日の京都戦では、ロングボールから得点を演出。同19日の浦和戦ではCKでアシストを記録している。「年齢とともにプレーは変わるが、変わらない部分もある。監督が替わった中でも中心メンバーでプレーしているので、当然、危険な選手の1人」と評した。
 グランパスは、13日のルヴァン杯広島戦(豊田スタジアム)から3バックへの変更に踏み切り、公式戦は直近3戦連続無失点。昨季からの課題だったセットプレーからの失点も抑えられている。
 長谷川監督は「ここ数試合(失点が)0だから大丈夫だというわけではない。引き続き集中力を切らさずに対応しなければならない」と、強みへと変えるべく、気を引き締める。手応えと課題が相半ばする試合が続いている。「結果内容が問われる試合になる。手応えを本当の意味での自信に変えられるような試合にしたい」。上昇気流に乗り切る。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ