本文へ移動

タガノディアマンテ、迫力の追い切り 鮫島師は前走京都記念2着より状態アップを強調【天皇賞・春】

2022年4月27日 16時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗東坂路で追い切るタガノディアマンテ

栗東坂路で追い切るタガノディアマンテ

◇第165回天皇賞・春(5月1日・G1・阪神・芝3200メートル)
 京都記念2着のタガノディアマンテは栗東坂路で4F54秒5―39秒6―13秒1を計時。軽めの内容だったため時計は地味だが、馬体の迫力は目を引いた。
 鮫島師は「雨で馬場が悪かったですし、先週しっかりとやっていますからね。叩き3走目ですし状態は前走より上がっています」と、さらなる良化をアピールしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ