本文へ移動

ジミー大西、画業30周年記念展開催に…「やっと目覚めたか」師匠・さんまも喜ぶ

2022年4月27日 15時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
画業30周年記念作品展を開催したジミー大西(撮影のため特別にマスクを外しています)

画業30周年記念作品展を開催したジミー大西(撮影のため特別にマスクを外しています)

 お笑いタレントのジミー大西(58)が27日、東京・銀座三越で始まった、ジミー大西画業30周年記念作品展「POP OUT」のプレスプレビューに出席した。
 1992年から画家としての活動を始めた、ジミーのオリジナル作品約100点を5月9日まで展示する。
 テレビ番組の企画をきっかけに絵筆を握って30年。「画家としての時給が380円だった」ことにショックを受け、2015年から5年間、休筆したが、師匠と仰ぐ明石家さんま(66)の助言で再びキャンバスに向かった。
 記念作品展の開催に、さんまも「『やっと目覚めたか』と喜んでくれたという。ジミーは「作品展が閑古鳥だったら、絵はやめます。また、さんまさんに小遣いもらわないと」と言って笑わせた。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ